腰痛・ぎっくり腰でお困りなら

腰痛・ぎっくり腰

Pocket

厚生労働省では「腰痛は疾患(病気)の名前ではなく、腰部を主とした痛みやはりなどの不快感といった症状の総称」としています。

腰痛に悩む人は日本に1000万人以上いると言われています。
およそ10人に1人の割合です。

90%以上の人は生涯に一度は腰痛を経験するとも言われ、日本人の国民病などと表現されることもあります。そうした状況がありながら腰痛の85%は医学的に原因不明と言われています。

病院(主に整形外科)を腰痛で受診した場合、検査として行われるのは腰椎(腰の範囲の背骨)のレントゲン撮影やMRIです。異常が無ければ「骨には異常がありませんよ」という結果を伝えられます。これは「腰椎にはヘルニアや脊柱管の狭窄、圧迫骨折など病院での入院や手術を必要とする骨の異常は認められなかった」ということで、病院としては痛みを和らげる方法として湿布や痛み止めを処方するにとどまります。

「腰は体の要」と言われるように全身の影響を受けます。そのため腰痛の改善には病院では注目していない腰椎以外の骨、全身の筋肉や関節の状態、動きの異常にも注目する必要があります。

腰痛の原因はそもそも腰にあるのか?

腰痛の原因は連動にヒントがあります。

体は動きの中で全身を使ってバランスをとっています。その中で大きな役割を果たしているのが筋肉と筋肉との引っ張り合いで保たれている張力です。動きの中では隣り合った筋肉以外にも腰と腕、肩と脚のように離れた場所にも張力の関係性が存在します。この関係性を「連動」と呼びます。

連動のある場所の片方の緊張が極度に強くなってくるともう片方は否応なく引っ張られ、引っ張られた場所に痛みが生じます。また張力のバランスが崩れているため動きにくさや可動域の制限が出てきます。

腰痛の場合であれば痛みのある腰の部分と連動のある部分にその原因があります。

足首の捻挫など連動のある部分に急に強い力を受けたり、手の使いすぎなど連動のある部分の疲労が腰痛を引き起こしている場合もあります。

腰痛の原因

腰痛の原因は1つとは限りません。当院では以下のように分類して考えています。  

①腰椎の問題

腰椎に問題がある場合は上体を前後に倒す、横に倒す、左右に捻るなどの大きな動きで痛みが出るケースが多いです。 腰椎の捻れが関係していて、脚との連動があります。  
○病院では重篤なものかどうかを診断
病院ではこの問題をピックアップし、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性脊椎症、椎体圧迫骨折(いつのまにか骨折)などが無いかを調べています。重篤な場合は病院での治療が必要なものもありますが、鍼灸や整体で解決できるものも少なくありません。  

②胸椎の問題

胸椎に問題がある場合は中腰、かがむ、姿勢を戻すなど、腰椎の場合よりも細かい動きで痛みが出るケースが多いです。 胸椎の捻れが関係していて、手や脚との連動があります。 思いのほか多いのがこの胸椎の問題です。腰痛で日常生活での動きをスムーズにできない場合は胸椎のチェックは欠かせません。                
○胸椎に関わる動き
胸椎は仙骨との関係が深いところです。胸椎の捻れがあると仙骨の動きが悪くなるのです。胸椎の捻れが原因で起こる腰痛症状には以下のようなものがあります。 ・前屈から体を戻す時、体をまっすぐにする直前の痛み ・四つん這いになるように体をかがめる ・仰向けに寝ると腰が痛む ・仰向けで腰を浮かせると痛い ・寝返りをうつために体を捻ろうとすると腰が痛む ・立っている時より座っていると腰が痛む ・中腰でものをとろうと手を伸ばすと腰が痛む ・ソファなどでお尻が沈むと腰が痛い 腰痛やぎっくり腰を経験した方なら心当たりのある症状がある人もいるかと思います。これらの症状が出ている方は胸椎の問題が絡んでいる可能性が高いです。

③仙腸関節の問題

骨盤の中にある仙腸関節に問題がある場合は上体の動きのほか、体重を支えることで痛みが出るケースがあります。 仙腸関節を考える上で欠かせないのが肩甲骨との連動です。腕との連動もあります。 ぎっくり腰は仙腸関節の問題によるものが多いです。いわゆる骨盤調整と呼ばれるものの多くはこの仙腸関節に施術をしています。            
○仙腸関節と腰痛・ぎっくり腰
骨盤は体を支える上で非常に重要です。骨盤を構成する骨の腸骨と仙骨の境目が仙腸関節です。仙腸関節の問題があると問題のある方の脚で片足立ちをして体を支えるのが難しくなります。ぎっくり腰の場合などはここに炎症が起きていることも多いので立つ、歩くなどの動きで体を支えようとする際に強い痛みが起こります。 肩甲骨との関わりが深いのも特徴です。軽く手を前に出したり、ものを取ろうとして、など腰に強い負担をかけていないのになぜかぎっくり腰になる人がいますが、そういう場合は肩甲骨の動きの悪さが仙腸関節の動きを悪くしてぎっくり腰になっている可能性があります。  

④股関節の問題

慢性化している腰痛に見られます。お尻の奥の痛みがあったり立っているだけでジワジワ痛くなるケースがあります。 股関節はお尻の筋肉や脚、肩甲骨など色々な部分と連動があります。 股関節は腰痛だけでなく首痛や膝痛との関連も深く、全身色々な場所に影響を与えています。 股関節は骨盤と脚とをつなぐ関節です。後ろから見るとお尻のえくぼの近くにあるため、自覚的な症状だけで判断するとお尻の筋肉の問題や坐骨神経痛と勘違いしてしまうこともあるかもしれません。仙腸関節と近い場所にありますが、骨盤調整などで仙腸関節の問題を取り除いても股関節の問題が一緒に解決するケースは少なく、別個の問題として考える必要があります。 股関節は膝や足首など下腿の関節と連動しながら体重を支え、脚の動きを形作っています。そのため昔にひどい足首のね捻挫をした人が腰痛になり、足首の調整をしたら股関節が楽になり、結果として腰痛にも良い影響を及ぼす、ということも稀にあります。 また、意外かもしれませんが股関節は首との関係もあります。

⑤腰周辺の筋肉の連動の問題

腰痛には腰からお尻にかけての筋肉同士または手足の筋肉との連動があり、そのバランスが崩れることで腰痛の症状が出てきます。スポーツをしている方に、このタイプの腰痛は多くいます。 代表的なものに脊柱起立筋、腰方形筋、梨状筋、腸腰筋、大臀筋、中臀筋、ハムストリングスなどがあります。
・ぎっくり腰に関わるもの
ぎっくり腰で上体を前に倒すのがつらく(ほとんど倒せない場合もある)、痛みが骨盤より家にある場合は筋筋膜整腰痛の可能性があります。この場合脊柱起立筋、広背筋、腰方形筋などが関係しています。 仙腸関節の問題によるぎっくり腰でも腹直筋や腹斜筋などのお腹の筋肉に問題があると体を起こせなかったり、腸腰筋に問題があると体を支えるのがつらい、という場合があります。
・腰痛全般に関わるもの
梨状筋はお尻の奥にあって腰痛や坐骨神経痛に大きく関わっている筋肉です。梨状筋を調整することで腰痛や脚の痺れが大幅に変化する例は少なくありません。梨状筋は痛みの場所だけで見ると股関節の問題と勘違いしやすいので動きの検査が重要になります。 梨状筋は腰方形筋や脚の筋肉との連動があるため日常生活での腰痛の他、スポーツ選手の腰痛や脚の筋肉の症状に関係する場合もあります。
・その他
上記で説明した以外にも、中殿筋に問題があると体を支えたり、椅子から立ち上がりにくい、ハムストリングス(太ももの裏側の筋肉群)に問題があると腰が引っ張られて体を前に倒しにくい、などのように色々な動きに関わっている筋肉があります。  

⑥内臓の問題

内臓はお腹、背中、腰の筋肉との連動があり、そのために腰痛が起こる場合があります。動きに関係なく、動いてもじっとしていても、ピンポイントでないボヤッとした痛みがあります。 内臓は背中を介して腕や脚との連動があります。
○腰痛に関係する内臓の問題
内臓の問題から来る腰痛は、食べ過ぎや睡眠不足、女性の場合であれば生理時の腰痛など子宮の状態によって起こる可能性があります。 ここでいう内臓の問題とは病院の検査数値で表れるようなものではなく、内臓の疲労の問題です。内臓に問題があると背中の筋肉(主に脊柱起立筋)にコリが現れます。このコリをゆるめると内臓の問題も解決するケースが多くあります。 一般に筋肉と言えば体を動かす骨格筋を指しますが、内臓にも内臓が動くための平滑筋という筋肉があります。完全には解明されていませんが筋肉の連動ということを考えると無関係ではないと思います。  
これらが単独で起こって腰痛になっている場合もありますが、多くは複数の原因が絡み合っています。
 

腰痛の治療

腰痛の治療は痛みのある腰の部分の連動を回復させることと言い換えることも出来ます。

その一番の指標は「動けるようになること」

動けるようになれば自然に痛みも減っていきます。そのためには痛みのある腰ではなく、腰と連動のある場所へのアプローチが最も効果的です。

当院では動きの観察や検査から原因を見つけ、少ない本数の鍼、少ない手数の手技で治療をします。体への変化の刺激は数が少ないほど定着しやすくなります。そのため、少ない鍼、手技の方が回復も早く、体が良い状態に落ち着きやすくなります。

 

当院の治療実績:腰痛・ぎっくり腰の症例

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。完全予約制 TEL 0182-36-6036 受付時間 9:00~19:00[木・土は17:00]

PAGETOP